猿は七代祟るので。

猿は七代祟るので。

私の致死と祖父の教えというのは、とんでもないものもあったのですが、時に「アンタなんでそんなこと教えたの?」と感心するようなモノもありました。

若い頃、仕事で香港に滞在していたことがあったのですが、父がクドクド言うことは「猿をあまり食うなよ」だったのです。

実際猿は出されたことがありました。

脳みそも出ました。

ネットなどで興味津々に語られた生食ではありませんが、調理済みを出されたので食べました。

「あまり食うなよ」の「あまり」が指す頻度がどの程度か見当はつきませんでしたが、なるべく多くは食べないように気をつけてはいました。

祖父も事あるごとに「脳みそは食うな」と言い出しますので「わかったわかった!パパからも聞いてるって!」と、半ば飽き飽きして答えていました。

父も祖父も中国や香港の長期滞在がありましたから、それで知っていたのでしょう。

「好意で出されたものは大概のものは食べろ」と言っていた二人にしては、珍しいことです。

「知らされないまま人間でも食べさせられたらイカンからか?」とぐらいに思っていました。

狂牛病の問題が起こったときに、「アンタこのこと言ってたの?」と父に訊くと「そうそう、カニバリスムは危ない。」と答えたのです。

へぇ?っと感心しました。

今から20年以上も前に、それほど取りざたされてもいなかったヤコブ病やクールー病を、祖父と父は知っていたのだということに私は感心したのです。

猿と人間は近すぎる。。。と感じていたのでしょう。

それがまぁ、びしゃっと正しいご意見かどうかの裏付けは実際解らないのですが、微妙に真理に近い気はしています。

田舎に行くと「猿のたたりは7代」と、よく聞きます。

7代先まで猿は祟るのだそうです。

山では「肉は食べてはダメ!」と言われた時代にも猪もうさぎもタヌキも食べていましたから、猿も食べたのかもしれません。

その時に病気になったんではないでしょうかね。

クールー病みたいなものに。。。

それで「これはタタリにしてもひどい!」と語られているのではないかと推測します。

「猿は殺してはいけないし、食べてもいけない」と、田舎の人には言われました。

人間に近いからという理由を話してくれましたが、父や祖父が言っていたことと同様に聞こえました。

その土地その土地に食がありますから、それが青虫でも芋虫でも出されれば食べますが、「危ないな」と思うものは取り返しが付かないこともあるので、食べない方がいいなと思います。

生血なども、治らない病気になる可能性もあるのでお断りはするようにしていました。

ただ、時々訳のわからないことも祖父と父は言い出す人でしたから、手放しの尊敬を寄せることはちょっと出来んぞと思うこともたくさんありましたが。

親戚の子のように心配をする

タレントさんには全てスタイリストさんが付いているものなのですか?

個人攻撃ではありませんが、ちょっと目に付くのはSHELLYさん。

嵐の番組の中で「SHELLYさんの私服がひどい」という話を、ほかのタレントさんがしてらしたんですけど、「いやいや、テレビの中でもひどいじゃない?」と思っちゃたんですよ。

ひどいと思ってるけど他人のスタイリストさん批判になってマズイから、その時には私服への攻撃だけにしたのかしら?それとも私の目がおかしいんかしら?と迷ったのですが「うんにゃ、大丈夫。テレビの中でもひどいよ。」と結果を出しました。

あんなに可愛いのに、どっか垢抜けないというのはどういう事なんでしょう(笑

背が高くスタイルもいい顔もキュート。。。で、歯に衣着せぬかというと、ちょっと中途半端。

この「どっち行こうかな」の迷いが、ファッションの迷走に表れてしまうのでしょうか。

かといってどんな格好が彼女のキャラクターを活かすのかな?と考えると、うん、浮かびません。

キャラクターの設定が、頭の中で定まらないんです。

想像しただけでも、似合うものはたくさんあるんです。

だけどテレビの中で。。。となると、

基本的にいい子なんですよ、きっと。

パジャマパーティのような話しをさせると、きっと面白い人なんです。

女の子らしい話をしてキャッキャと笑い、毒のある話をして大口を開けて笑う、そんな女の子なんじゃないかしら。

ちょっとばかし悪口なんかも挟みながら、夜中の間ずっと女友達で話すような。

頭の回転のいいし、卒がない。卒がないけどそこから「無二」と言われるのはちょっと難しい。

きっとご本人も「どうしていこうか」とお悩みだろうね。。。と、勝手に想像しています。

可愛がられて育ったとコチラが感じ取れるようなユッタリしたところが見られますから、ギリギリ感を出そうとしても切羽詰った様子が出ませんしね。

芸人さんほどギリギリ感を表に出すには、恥らいが邪魔をしますし。

個人的にはそんなSHELLYさんに好感を持っているのですが、ちょっと図々しいタレントさんには圧されてしまうかもしれないですね。

と勝手な見解なのですが、なんでしょうかね、SHELLYさんは姪っ子とか親戚の子、そんな雰囲気があるんですよ。

だからどうしてもね、余計なお世話の心配をしちゃうんですよね。